【感謝】カメラマンがチームに加入しました。

今日は、チームメンバーとなる仲間が1人増えました。

今まで何かを誰かと作ってきたことはありますが、
自分という人間に協力したいという方の申し出は初めてで、とっても嬉しかったです。

今までの経験上、数だけ集めたり取り敢えず誰でもとメンバーを増やすことは、
かえってよくない影響があることのほうが多いです。
方向性が散らばったり人生にかける想いの薄い人が入ることで、
チーム全体の士気が下がってしまうからです。

私が仲間を集めるときに、見ている3つの要素があります。
それは、

・その人のそれまでの経験が活かせるかどうか
・その人の好きなことに私たち側がマッチしているかどうか
・将来性があるかどうか


です。

人間、出来ることをただやっていても充足感は得られません。
勿論なにかが出来ることで喜びを味わう万能型な人もいますが、
それは人に尽くすという自分の欲望を忠実に達成できているからでしょう。
もしあなたが、心のどこかでぽっかり穴が空いたような虚しさを感じる場合は、そうではないということです。(誤解のないように補足しますと、求める幸せは人によって違うので、どちらが良いなどということはありません

少なくとも私に興味関心を寄せてくれる人たちは、今の人生に物足りなさを感じています。
その物足りなさの上で、今まで何をやってきて何を想い、私たちに興味をもってくれているのか。
そこを見落とさないことで、互いにミスマッチをなくしより良い状態に高めあえると思っています。

ひとつずつ見ていきましょう。

できること。やれること。
これは勿論、今までのその人の頑張り(本気度)や興味(感性)を示します。

これは私からするとポテンシャルを示す一つの指針として重要ですが、環境背景に起因するものも含まれるため、その次の項目で本人の気概を確かめることが大切です。

好きなこと・やりたいことが私達にマッチしているかどうか

私達は「各々が楽しみながらやることで、最大の成果が出せる」ことを目標にしています。
作業を強制したくはありませんし、自分の心が動かないモノを作っていても良い作品は作り出せないでしょう。本人がやる気の出るような、魅力的な環境として提供できるかどうか。
ここで、相手が望む成長を与えられるかどうかをみます。

将来性があるかどうか

これを敢えて短く表現しているのは、複数の文脈で捉えてほしいからです。
多くは語りませんが、一言に集約すると「この人と一緒にやっていく未来を描きたい」という気持ちになるかどうかです。

「経験(過去)」と「興味(現在)」と「夢(将来)」。

この3つが私達とマッチしている場合、互いに最大のシナジーを発揮できる関係に発展すると思っています。


言い換えるなら、「一連の流れ」としてみるのです。
欲しい技術や、スキルだけでは「ほかの誰か」と変わりありません。

過去から将来までその人を見た時、お互いに「この人が良い」と思ったとき。

それが、互いの人生を変えるような何かのキッカケに繋がるのかもしれません。

初めてのことなのでよくわからないことだらけだけど、
今日はそれを感じた、とても嬉しい1日でした。😋

タイトルとURLをコピーしました