【正直に教えます】 未経験からのIT転職は、
Webマーケティングがアツい!【おすすめの理由】

そもそもWebマーケティングとは?

Webマーケティングについて熱心に勉強する未経験の学生

突然ですが、皆さんはWebマーケティングという業界について知っていますか?

・名前は聞いたことがある  

・何となく意味は知ってる

といった方が多いのではないでしょうか。

実はこのWebマーケティング、どの業界でもめちゃくちゃ役立ちます

大事なのでもう一度言います。

めちゃくちゃ役立ちます。

エンジニアとして働き始めてから本当によく思いますが、
自分の作ったサービスや機能が誰にも知られていないのであれば、それは商品として成立しません。

まだあまり知名度のない芸能人と同じで、価値を提供できる相手がまだ少ないから、それだけで食べていけないわけです。

ただ、(よく勘違いされますが)それは当人に価値がない、というわけではありません

本人そのものに才能やスキルがあっても、売り込む才能がない為に、日の目を浴びずにただただチャンスを逃してしまっているのです。

裏を返せば、才能やスキルがある人が必ずしも皆売れる訳では無いということです。

モノやサービスを売る為には、それを必要としているファンや顧客を見つけ、刺さるようにする為のアプローチや努力が、本人の資質や才能とは別に必要なのです。

こう書くと、マーケティング(売ること)の重要性が段々感じられてきたのではないでしょうか。

この記事では、未経験からWebマーケターになる方法と、
それを強く薦める理由について詳しく解説していきます。

従来のマーケティングとの違い

Webマーケティングとは、文字通りWeb上に特化したマーケティングの事です。

訪問販売や電話営業のような従来のやり方は、押し付け感が強く一度にかかる時間や労力も大きい為、個人的にはオススメしません。(私もそういった売り込みをされるのが好きじゃないので..)

今から学ぶ若い10代〜30代の人は、デジタルのマーケティングに特化するのが賢明です。

IT業界は従来のビジネスの常識を覆すレベルでの、ローリスクハイリターンを実現出来るからです。

車や新幹線に乗って相手に逢いに行く必要もありませんし、繰り返し同じ説明をする必要もありません。

コロナ禍でリモート化・オンライン化への注目度・必要性が増したたこともあり、業界そのものへの興味関心が、最近益々高まってきています

インターネット広告業界の国内市場規模推移
需要が年々高まりつつある

何をする仕事なの??

Webマーケティングが何をする仕事なのかよくわかっていない人

では、具体的にWebマーケティングとはどのような仕事なのでしょうか?

職種にすると多岐に渡りますが、その中で幾つか代表例を挙げると

  • SNSマーケター(Twitter/Instagram/Tiktok etc..)
  • SEO集客(こういったブログへのアクセス数を増やす分野)
  • LINE/メルマガのような購読型配信

といった分野に細分化されていきます。

こういった職種の中でも、使うノウハウは扱うツールや技術によって異なってきますが、一貫して言えることはお客さんの数を増やすことです。

より具体的には、アクセス数や参照元メディア、使用媒体や滞在時間などのデータを参考に、コンテンツへの流入やサービスの利用を促すこと。その為の効果が最大化される方法を企画立案し、データを見て施策の分析・改善を行っていく仕事です。

最近だと子供に人気のYoutuberへ対しても、チャンネル登録者数を増やす「Youtubeマーケティング」を行うマーケターも増えてきています。彼らYoutuberが人気を獲得する背景には、マーケティング・ブランディングの知識も必要不可欠です。

顧客が、ピンポイントで自分の好きな人を見つけるのは中々難しくなりました

オンラインで誰でもどこでも探せるようになった反面、情報に溢れた時代になったからです。

その中で、自身のプロダクトを必要としている顧客に自らアピールしていき、興味を持ってもらう

これが、Webマーケティングの得意とする「攻める」マーケティングになります。

どんな人にオススメ?

Webマーケティングはこんな人におすすめ

Webマーケターは、以下のような人にオススメです。

  • 人と話すのが好き
  • コミニケーション能力に自信がある
  • コツコツと作業を続けるのが好き
  • アイデアを考えるのが好き
  • 誰かの相談に乗るのが好き
  • 人の世話をすることが好き
  • 時間や場所に囚われず仕事したい
  • 不況でも安定した職業に就きたい
  • pcは詳しくないけどスマートフォンはよく触っている
  • IT業界にチャレンジしたいけど、プログラミングに苦手意識のある方

基本的に、マーケターは「誰か(顧客)に何か(製品やサービス)を紹介する」のがお仕事です。その為、人と話すのが好きだったりコミニケーション上手な方は結果を出しやすく楽しい職業と言えます。

逆に、会話が得意でなくても文章が得意であれば問題ありません。

リアルタイムでやり取りをする訳ではなく、DMを送るにもメッセージをやり取りするにも、 「話す」より「書く」という作業が中心になる為です。

その為、対面はニガテでも黙々と文章を打ち込むのが得意という人にも向いていると言えます。他にも、コツコツと作業を続けるのが好きな方や、相手の悩みや相談を聞くのが得意な方にもオススメです。

自分の提案したアイデアがうまくいき、困っていた相手が喜んでくれると非常に大きな達成感に繋がります。

Webマーケターに転職するメリットとは??

続いてIT業界未経験の若者にWebマーケターを強くオススメする理由について、更に掘り下げて紹介していきましょう。

Webマーケターに今、転職するメリット

プログラミング業界に比べまだ競合学習者が少ない

これは、プログラミング学習者/エンジニアが将来、国内で大幅に不足する試算がなされており、プログラミング教育ブームが起きているからです。他にも、デジタル庁の発足やプログラミング教育の導入などで、 脚光を浴びた影響もあると考えられています。

その為、マーケティングの重要性を知る者はまだ少なく、学習するライバルもプログラミングに比べそう多くありません

競合が少ないということは、就職しやすく(仕事を手に入れやすく)早いうちに実績を作りやすいということなので、学ぶには今が狙い目なのです。

コーディングが出来なくてもIT業界で活躍できる

学習する内容の子難しさで言えば、プログラミングよりも習得難易度は遥かに低いと言えます。

マーケティングはプログラミングに比べ、「正解」がありません。その為、自分の中でノウハウを積み上げるために数をこなしていくエネルギーは求められるかもしれません。

しかし、頭で理解しないと何も出来ないプログラミングに比べ、体当たり式で結果を出しながら繰り返し改善していくことができます。自分に合ったやり方を見つけることが出来れば驚くほどラクに結果を出せるようになる為、難しいことを考えるのは苦手でも行動力に自信がある方に向いています

プログラミングで挫折して無理だと諦めていた憧れのIT業界への転職が可能になるのも、大きな魅力です。

安定性抜群。エンジニア職に必要とされる存在へ

エンジニアに必要とされるマーケター

何年か前から、将来仕事がAIに奪われるという話題がちらほら上がっています。

まにゅまるスクリプトでもRPA(作業自動化ツール)について紹介、開発していますが、今まで人がやっていた単純作業は、このようなツールに遅かれ早かれ代替して行くでしょう。

機械の方が無駄が少なく、また、ミスもしない上にコストも安いからです。

しかし、マーケティングが完全に機械(AI)にとられることはないと、私は思っています

顧客が「人」である以上、どれだけ作業を効率化出来たところで、興味を持ってもらうには感情を交わし合うことが不可欠だからです。

デジタルマーケティングでは、マーケティングを効率化・半自動化するツールも誕生していますが、それらはあくまで「マーケターの生産率を上げるための道具」として使われています。

つまり、機械が幾ら性能を上げても、職業が奪われるわけではなく、共存していける職業なのです。

また、エンジニアにとっても出来た製品・サービスを上手く売ってくれる人がいないと売上に繋がらず、仕事になりません。その為、エンジニアとマーケターは切っても切り離せない関係になります。

この事から、Webマーケターは、エンジニアと同じレベルの需要価値があるとされているのです。

リモートワークや独立も視野に。自由な働き方が目指せる

都内カフェで自由な働き方を実現する20代女性ノマドワーカー

オンラインで仕事が出来るということは、どこにいてもマーケティングが出来るということです。

いつでも好きな時間に、都内のカフェで働くノマドワーカーや離島でのんびり暮らしながらIT業界で稼いでる人達に憧れている人も少なくはないのではないでしょうか。

Webマーケターになることで、そういった悠々自適な生活を送ることが出来るようになります。

フリーランスは、エンジニアだけの特権ではありません。マーケティングもデジタルであれば、独立して自由な働き方の実現を目指せるのです。

どの業種でも活かせる高い将来性

冒頭で触れましたように、どの製品やサービスにも「売る力(知ってもらう)」は必要です。

なので、マーケターの知識は本当に様々な業種で重宝されます

Youtubeひとつにしても、 美容好きの女子を狙い撃ちにしたいチャンネルもあれば、全年齢対象の面白動画で一発稼ぎたいクリエイターもいます。

同じ「Youtubeの施策」のノウハウであれば、全てに替えが効きます

圧倒的な売り手市場なので、Webマーケターになれば引く手あまたとなるでしょう。
自分の好きな業界や年収、福利厚生といった条件を選り好み働ける選択肢の多さは、羨ましがる人々も決して少なくありません。

どうやって学べば良いの?

どうやって学べば良いか悩んでいる男性

では、Webマーケティングはどのようにして学べばいいのでしょうか。

結論から言うと、「現場経験のある人たちのノウハウを直接教わること」が一番の近道です。

一見、プログラミングと違い簡単そうに見える部分もありますが、「正解」がない以上初心者が色々と手を出した所で、それが成果を出す前の状態なのか引き時(やり方をピボットする時)なのかわからず迷走し、結果として自分は結果が出せなかった、向いてないと挫折してしまう人が多く見られます。

スキルを身に着けるには、その道のプロに倣うのが一番です。

ここでは、私のイチ推しのマーケティングスクールについてご紹介します。

実際にどんな事が学べるかも解説していますので、是非ご参考いただければと思います。

DMM.comの運営するオンラインスクールがおすすめ!

Webマーケティングを学ぶならDMMのマケキャン!

マケキャンbyDMM.comは、転職・キャリアアップを本気で考えている方向けのWEBマーケティングスクールです。

運営元は業界最大手のDMM.com

運営元がDMM.comグループというのもあり、実績や保証の充実したスクールとなっていて安心です。

転職成功率98%であるDMM WEB CAMPの転職キャリアサポートの知見をふんだんに活かしたカリキュラムが提供されており、グループワークや実際のWEBマーケティング会社との実務経験などを通して、実践的なスキルと自信を身につけることができます

未経験からでも転職できるワケ
カリキュラムの特徴

\おすすめポイント/

  • 仕事をしながら通学が可能!
  • 受講から転職サポートまで、完全オンライン対応中!


受講生の中には、飲食店でアルバイトをしている人から大手コンサル会社で活躍している人まで、幅広いキャリアの方々がいらっしゃいます。
手に職をつけたい方、スキルを磨いてキャリアを広げていきたい方が数多く受講しています。

Webマーケター養成スクールのブランドイメージ調査にて堂々のNo.1!

Webマーケティング養成スクールNo.1を獲得(日本マーケティングリサーチ調べ)

Webマーケティングをどうせ学ぶなら、実績や信頼のある所で学びたいですよね?

日本マーケティングリサーチ調べで、マケキャンbyDMM.comはWebマーケター養成スクール第1位を記録しています。

つまり、「Webマーケティング」のマーケットにて成功しているわけです。
マーケターになりたい人からすれば、これ以上ない実績でしょう。笑

主要取引先
主要取引先

その評価を裏付けるポイントとして、充実したカリキュラムとサポート体制が整っています。
実際のカリキュラムについて、詳しく見ていきましょう。

具体的な3カ月間の学習例

3か月間の広告運用・プランニング・グループワークと実務経験を通した実践的なカリキュラム
3か月で未経験からWebマーケターに

マケキャンbyDMM.comは、未経験から3ヵ月で即戦力となるWebマーケターを育成しています。

Webマーケターは顧客心理や市場の動向を掴むために「共感力」や「チームワーク」がとても重要なってきます。その為、グループワークを非常に重視したカリキュラムに仕上がっており、一緒に入会したメンバーと切磋琢磨しながら力を身に着けていくことが出来ます。一緒に学ぶ仲間が出来るので独りで挫折する心配がなく、不安なことがあれば同期やメンターに相談しながら、楽しく学ぶことが出来ます

1、2ヵ月目では、広告運用の基礎知識とプランニング手法を習います。
顧客が課題と感じているのはどんなことか、どんな施策をすればその課題を改善できるか、などをグループワークを通して実践的に学んでいきます

3ヶ月目には、実際のWEBマーケティング会社をクライアントとして、課題分析や施策立案のアウトプットを行います。学びながら実務経験を積むことが出来るので、自信に繋がります

平日はインプット、週末はアウトプットを繰り返す反転学習でしっかり身につく!


忙しくてカリキュラムについていけるか不安・・

という方もいるかと思います。

マケキャンでは、平日に動画視聴の研修・土曜に集合研修を実施している為、
仕事をしながらでも通いやすいカリキュラムとなっております。

確認したところ、その実、およそ9割が仕事をしながら学習しているとのことです。

スキマ時間でも手軽に学習を進められて、実際にそれで転職に成功した先輩が多くいるのは希望が湧きますね

沢山の卒業生インタビューも記載されている為、読んでみると尚学習から転職までのイメージが掴みやすくて、良いかもしれません。

安心のサポート体制

充実したサポート体制


充実しているのは、3カ月間のカリキュラムだけではありません。

マケキャンでは、転職成功率98%のプログラミングスクールDMM WEB CAMPで磨き上げた転職キャリアサポートの知見をふんだんに活かし、

「will/can/must面談」
「面接対策」
「書類添削」
「キャリアカウンセリング」

など、卒業後、「転職するための手厚いサポート」体制も用意されています。

今後の目標についてのヒアリングや自己分析を通してのキャリアプランの相談から、履歴書・職務経歴書の作成アドバイス、疑似面接に至るまで。カリキュラムを教えて終わりではなく、しっかりと企業への内定までをサポートしています

このように、授業内容だけでなく、転職全般何か困ったことがあれば相談しやすいサポート体制が充実しているのもマケキャンの魅力です。

まずは相談してみよう!

No.1Webマーケター養成スクールへ、まずは無料で相談するIT未経験女子

マーケティング業界は、今がチャンスです。

皆がデジタルデバイスに慣れ親しむようになったのもここ十数年の話、スマートフォンが登場する以前は私のようにpcを自作したり計算機をカチャカチャやるような人たちはGeekと呼ばれ、日頃から電子機器を触る人はごく少数でした

情報技術がかなり発達した為、今でこそマーケティングにデバイスをカチャカチャやる必要はありませんが、PCの基本操作・Webの仕組み的なところは理解しておく必要があります。

しかし、いまの20代,30代の若者達は、実は意外とそれらに精通してる人はそう多くありません
TwitterやInstagramを使い慣れているとしてもそれはあくまで「ユーザー」としてであって、その先の領域に対する知見を持つ人は本当にごく僅かです。

エンジニア・マーケティング界隈だと当然出来る人達が集まりますが、同世代異業種の人たちと会話をしていると、「えっ、それも知らずに使っているの・・!?」と内心不安を覚えることが多々あります(結構カルチャーショックです)。

ただ、あと10年もすれば使いこなせる人たちがいるのは当たり前になります

幼少期からスマートフォンに慣れ親しんでいる、ほとんどのデジタルネイティブ世代からすると出来て当たり前の領域になっているからです。

その為、10年後に歳をとった社会人が一からWebマーケティングに手を出しても、正直手遅れだと私は考えています。

彼らが社会人になるまで。つまり、デジタルマーケティングに強い社会人がまだ少ないこの時代にキャリアを積んでおくことこそが、順調にスタートを切る秘訣なのです。

今のうちに始めることが、今後増えていくデジタル人材との競合差別化に繋がります。

私も、プログラミングをまだ学んでおらず、これからの将来に悩んでいたらまず間違いなく、マーケティング職への道を選んだと思います。

学ぶには、「今」がまたとないチャンスなのです。

Webマーケティング業界は今がチャンス!

今、未経験からWebマーケティング業界への転職がアツイ!

以上、Webマーケティング業界のあれこれについてご紹介しました。

如何でしたでしょうか。

相手が知らなかったことを詳しく説明し、 興味関心を持ってもらう」ということが、マーケターの本質です。

その意味では、この記事も一つのマーケティングです。

また、こうして執筆した記事が誰かに読まれたり、役に立つと大変嬉しいものです

そういった貢献欲の強い方には、マーケターは向いているかもしれませんね。

どこかの誰かの、キャリアアップや充実した人生へのキッカケになれば幸いです。ヾ(。・д・。)

それではお読みいただきありがとうございました!

まる。

Python歴3年のフルスタックエンジニア&ヨギー。
大学は心理学、趣味はヘルスケア全般。

エンジニア育成コミニュティの運営と、オリジナル名刺・Web制作やハタヨガレッスンやってます。

お仕事はDM若しくはメールから。

↓アートとかの趣味アカもよかったらみてね!٩(๑❛ᴗ❛๑)
Insta:@malmal0v0

まる。をフォローする
タイトルとURLをコピーしました