【VirtualBox】インストールできないときの対処法(Windows10,11対応)

VirtualBox(バーチャルボックス)は、
Windows上で仮想環境としてLinuxを立てたい時に使われるソフトウェアの一つです。

しかし、インストーラをダウンロードしてもWindows側のセキュリティに弾かれ、最初はインストールすることが出来ないようになっています。(悪意あるマルウェアにOSを攻撃される恐れがある為)

今回は、その設定の変更法をご紹介します。
(既にインストーラをお持ちの方は、2.より進めてください)

1.Virtual boxのインストーラをダウンロード

公式サイト:https://www.virtualbox.org/wiki/Downloads

Virtual boxのインストールページ
Windowsの場合は、赤枠の部分をクリック

2.「メモリの整合性」をOFFにする

設定を開き、

Windowsセキュリティ>デバイスセキュリティより、

コア分離の「メモリの整合性」をオフにします。

Windowsのセキュリティ設定画面

変更を適用する為に、一度再起動しましょう。

3.再度インストールを実行

再起動を実行後、インストールした「VirtualBox-6.1.30-148432-Win.exe」を再度実行することで、無事インストールが開始できるようになります。簡単でしたね。

exe形式のインストーラの実行

4.(小ネタ)インストール中のあれこれ

途中、何やら赤い文字で警告が表示されますが、
これはネットワーク構成に変更を加えるにあたり、一時的に現在のネットワークが遮断されることがある、というメッセージになります。

ZoomやSkypeなどを利用していたら途切れる可能性はあるので、
心配ならそういった通信切断されたら困るものは一度アプリケーションをとめた後、「Yes」を選択すると良いでしょう。

とはいえ一瞬で終わるので、常時通信を敏感にしていないもの(こちらのページを開いているChromeブラウザなど)については開いたままで支障ないです。

OracleのUSBコントローラのデバイスドライバーもインストールするか聞かれるので、入れましょう。
(入れないとVirtual boxはインストールできません)

以上で正常にインストールが完了します。簡単でしたね。

その他の記事はこちら
大学生がプログラミングで稼げないわけがない 【稼ぐ方法4ステップ】 
STEAM教育とは?特徴と国内外の取り組み事例・実践方法を解説
Anaconda3で「’git’ は、内部コマンドまたは外部コマンド、操作可能なプログラムまたはバッチファイルとして認識されていません。」と出るときの対処法
【OAK-D Lite入門】DepthAIをインストールしてみよう
【初心者向け】WindowsにGitをインストールする方法(10/11対応)

まる。

Python歴3年のフルスタックエンジニア&ヨギー。
大学は心理学、趣味はヘルスケア全般。

エンジニア育成コミニュティの運営と、オリジナル名刺・Web制作やハタヨガレッスンやってます。

お仕事の依頼はDMもしくはメールにて。

↓アートとかの趣味アカ。よかったらみて下さい!٩(๑❛ᴗ❛๑)
Insta:@malmal0v0

まる。をフォローする
タイトルとURLをコピーしました