VSCodeでActivate時に「このシステムではスクリプトの実行が無効になっているため、ファイルxxを読み込むことができません」とエラーが表示される時の対処法

Windowsでは、VisualStudioCodeの内部コマンドにPowershellが使われています。

Set-ExecutionPolicy -ExecutionPolicy RemoteSigned -Scope Process
Code language: JavaScript (javascript)

上記のように、セキュリティポリシーを変更して実行すれば動きますがターミナルを立ち上げる度にこのポリシー変更を適用しなければなりません。

都度オプションをつけて実行するのは面倒なので、
VSCodeの setting.json を開き、以下のように記述しちゃいましょう。

"terminal.integrated.env.windows": { "PSExecutionPolicyPreference": "RemoteSigned" }
Code language: JavaScript (javascript)

今回はRemotesignedを指定しています。
その他PowerShellの実行ポリシーの種類に関しては、以下のQiitaの記事が分かりやすくまとめられているのでご参照ください。

PowerShell のスクリプトが実行できない場合の対処方法 - Qiita
概要 PowerShell でスクリプトを書いて実行したとき、以下のエラーが表示されてスクリプトが実行できない場合があります。 c:\work>PowerShell .\test.ps1 .\test.ps1 : このシ...

これで、VScode上で無事、仮想環境をactivateできるようになりました。
めでたしめでたし。

こちらもおすすめ
オンラインでのSAISONカードの解約方法のご案内【電話で完結】
【いまさら聞けない】MAって何?なぜ注目を集めているのかについて解説【営業担当者必見】
【Raspberry pi】容量の小さいmicroSDに使用領域のみコピーする方法(Windows)
【2021年最新版】プログラミング言語を比較・人気4選を紹介
【Fintech】使える補助金/助成金が一目でわかる!?【補助金APIの紹介】

まる。

Python歴3年のフルスタックエンジニア兼ブロガー兼ヨギー。大学は心理学、趣味はヨガ。
名刺・HP制作やハタヨガレッスンやってます。

まる。をフォローする
タイトルとURLをコピーしました