VSCodeでActivate時に「このシステムではスクリプトの実行が無効になっているため、ファイルxxを読み込むことができません」とエラーが表示される時の対処法

Windowsでは、VisualStudioCodeの内部コマンドにPowershellが使われています。

Set-ExecutionPolicy -ExecutionPolicy RemoteSigned -Scope Process
Code language: JavaScript (javascript)

上記のように、セキュリティポリシーを変更して実行すれば動きますがターミナルを立ち上げる度にこのポリシー変更を適用しなければなりません。

都度オプションをつけて実行するのは面倒なので、
VSCodeの setting.json を開き、以下のように記述しちゃいましょう。

"terminal.integrated.env.windows": { "PSExecutionPolicyPreference": "RemoteSigned" }
Code language: JavaScript (javascript)

今回はRemotesignedを指定しています。
その他PowerShellの実行ポリシーの種類に関しては、以下のQiitaの記事が分かりやすくまとめられているのでご参照ください。

これで、VScode上で無事、仮想環境をactivateできるようになりました。
めでたしめでたし。

こちらもおすすめ
大学生がプログラミングで稼げないわけがない 【稼ぐ方法4ステップ】 
STEAM教育とは?特徴と国内外の取り組み事例・実践方法を解説
Anaconda3で「’git’ は、内部コマンドまたは外部コマンド、操作可能なプログラムまたはバッチファイルとして認識されていません。」と出るときの対処法
【OAK-D Lite入門】DepthAIをインストールしてみよう
【初心者向け】WindowsにGitをインストールする方法(10/11対応)

まる。

Python歴3年のフルスタックエンジニア&ヨギー。
大学は心理学、趣味はヘルスケア全般。

エンジニア育成コミニュティの運営と、オリジナル名刺・Web制作やハタヨガレッスンやってます。

お仕事の依頼はDMもしくはメールにて。

↓アートとかの趣味アカ。よかったらみて下さい!٩(๑❛ᴗ❛๑)
Insta:@malmal0v0

まる。をフォローする
タイトルとURLをコピーしました