【ラズパイ】「Failed to connect to github.com port 443: ホストへの経路がありません」と出る場合の対処法

Raspberry Pi Zero WH 公式ケース付き

Raspberry piでgit clone https://github.com/aws/aws-iot-device-sdk-python.gitのようなGitコマンドを行った際に上記エラーメッセージが表示されることがあります。

ポート443エラーというのは、インターネットにうまく接続できていないということです。
考えられる要因としては、

・ルーターの設定がおかしい

スマートフォンやPCで、無事接続が出来てpingが飛んでいるか確認します。
どれも上手く繋がらない場合、ルーターの不調が疑わしいのでリセットを試みましょう。

・Raspberry pi側の設定がおかしい

/etc/dhcpcd.confに書いたルータのIPアドレスが適切でない場合、うまく繋がらない。
無線ならwlan0、有線ならeth0の
Raspberry piの固定IP,ルーター,DNSのIPが正しいかもう一度確認しましょう。

以下が、dhcpcd.confの設定例です。

interface eth0 static ipaddress=192.168.0.xxx/24 #固定したいIPアドレス static routers=192.168.0.1 static domain_name_servers=192.168.0.1 interface wlan0 static ip_address=192.168.0.xxx/24 #固定したいIPアドレス static routers=192.168.0.1 static domain_name_servers=192.168.0.1
Code language: PHP (php)

無事繋がるようになると、git cloneできるようになります。

・2.4GHzでなHzく5GHzの回線に接続しようとしている

時折見落とされがちですが、実はRaspberry Pi標準搭載のHz無線機能は2.4GHzの周波帯にしか対応していません。その為、5GHzのネットワークに接続を試みても繋がることはないです。

詳しくはコチラ⇒ 5Ghzと2.4GHzの違い

くらいになりますでしょうか。(他ありました場合、こういうのあったよ!とコメントいただけますと幸いです)

この”Failed to connect to github.com port 443: ホストへの経路がありません”というエラーは、有線でなく無線接続をする際によく起こります

しかし、使いこなすことが出来ればケーブルレスでRaspberry Piを動かせるので
この辺りの初期設定は数をこなし慣れておくのがベターです!

それでは良いRaspberry pi ライフをお過ごしください!٩(๑❛ᴗ❛๑)

Raspberry Piの人気記事一覧

【Raspberry pi】USBメモリをマウント(認識)させる方法
Raspberry Piで自動ログイン(auto-login)を設定する
ラズパイで起動時にBluetooth接続したデバイスを自動でConnectedにする(ServicesResolved: no Connected: noとなり都度途切れてしまう場合の解決法)
【ラズパイ】「Failed to connect to github.com port 443: ホストへの経路がありません」と出る場合の対処法
【SSH接続でのパスワード廃止でセキュリティ性向上】ラズパイへのリモートアクセス時のログインをパスワード認証方式から公開鍵認証方式に変更する【TeraTerm】
タイトルとURLをコピーしました