pipインストール時に”ERROR: Could not install packages due to an OSError: [WinError 5] アクセスが拒否されました。”と出るときの対処法【Anaconda】

Programming-image

事象

仮想環境構築後、requirement.txtからパッケージを読み込もうとすると以下エラー。

(XXX) C:\Users\XXXX\.conda\envs\hogehoge>pip install -r requirements.txt ~~~~ ~~~~ ~~~~ ERROR: Could not install packages due to an OSError: [WinError 5] アクセスが拒否されましたが拒否されました: 'C:\\ProgramData\\Anaconda3\\Lib\\site-packages\\urllib3\\__init__.py' Consider using the `--user` option or check the permissions.
Code language: JavaScript (javascript)

原因

管理者権限の必要ないディレクトリにパッケージをインストールする際に発生。

もっとわかりやすく言うと、フルパスにユーザー名が含まれる作業フォルダの場合、

通常の.Anaconda3\envs直下では不要になるが、ユーザー名\.conda\envs直下では必要となる。

解決法

ディレクトリに管理者権限を付けるか、
--user オプションを付けてユーザーインストールする形で解決可能。

(XXX) C:\Users\XXXX\.conda\envs\hogehoge>pip install -r requirements.txt --user
Code language: CSS (css)

通常インストールとユーザーインストールの違いは、下記pyteyonさんのブログさんが分かりやすい。

まとめ

通常はAnaconda直下に仮想環境を構築すれば、問題なく pip install 出来るので特に意識する必要はないが、管理者権限のないユーザーと共同作業をする場合などは、こういった --user installとの使い分けが必要になってくる。

ベースディレクトリも PYTHONUSERBASE という環境変数で設定して変更できるので、仮想環境が増えてくる前に整理しておくのが得策だ。

その他の記事はこちら
[TouchDesigner]OSC in DATにてUnable to bind port errorと表示される場合の解決法
【実録】症状は何日で治る?後遺症対策は可能??実際に新型コロナ(ステルスオミクロン)にかかったので自宅療養中に色々実践してみた【体験談】
副業初心者が気軽に稼ぐならココナラが最強!スキルなしでできる仕事を紹介
起業するための資金調達の方法7選【自己資金なしでも起業は可能】
OpenBCI GUIにてNetworking-Test-Kitでプロトコルの値がうまく送受信できない問題の解決法

まる。

Python歴3年のフルスタックエンジニア&ヨギー。
大学は心理学、趣味はヘルスケア全般。

最近は自作脳波デバイスのチューニングに勤しみ中。
お仕事の依頼はDMもしくはメールにて。

↓アートとかの趣味アカ。よかったらみてね。٩(๑❛ᴗ❛๑)
Insta:@malmal0v0

まる。をフォローする
タイトルとURLをコピーしました