OpenBCI GUIにてNetworking-Test-Kitでプロトコルの値がうまく送受信できない問題の解決法

脳波

ででん。

さぁ皆さん、脳波の時間です。

最近8ch脳波デバイスの自作に勤しんでいるのですが、暫くブログではそっち系の更新は止まっていましたね。。また落ち着いた段階で記事にしていこうかと思います。

さて今回は、OpenBCI GUIのNetworkingタブから外部アプリケーションと各種プロトコルにて通信を行う際に若干msって通信できなくなってしまったので、その対処法を紹介します。

うまく動かないという人は是非参考あれ。(環境はWindows11)

現象(というか自分のミス)

NetworkingタブにてOSC通信のStream開始

「Start OSC Stream」を初めて押下する際に、Windowsではファイアウォールアプリケーションの通信許可設定のポップアップが表示される。

わたしの場合は、「まぁ通るやろ」という軽い気持ちで適当に閉じてしまい、値が送受信できなくなってしまった。

osc?receive.pyの実行
なにもはじまらない

1クリックで閉じれちゃうし、必要ならファイアウォール設定から変えればいいだけやん、と軽視していたのが間違いだった。

設定画面を見ても、OpenBCI_GUI.exeが見当たらないのだ。

ファイアウォールにて通信アプリケーションの個別許可
タイプする前に考えること。大いなる力には大いなる責任が伴うこと。
ふと頭をよぎるLinux

解決方法

以下の記事にまとめてある、フォルダパスからファイアウォール上の通信アプリケーションを特定する方法を参考されたい。

というかOpenBCI_GUIで躓いたときに備忘録としてまとめたものなので、そこに答えもある。

javaw.exe というアプリケーションが通信プログラムの正体と判明する。

そちらの通信を繋いでいるネットワーク上で許可すると、正常に通信が行えるようになる。

実際に計測した脳波の時系列データ
こんな感じ

これで脳波デバイスで取得した値の外部アプリケーションへの送信が可能となった。

まとめ

OpenBCI GUIでは、rawデータをSerial,LSL,UDP,OSCと様々な通信プロトコルで送受信を行える為、使い勝手が良いです。(参考:OpenBCI_GUIネットワーキング 出力ガイド

特にSerialやOSCなどでRaspberry piやUnityといったデバイス、アプリケーションとの通信も容易になる為、もうほんと夢のようなことができちゃいます。

Braintechの勉強をしていたり、脳波解析に興味ある方は是非Twitterのほうフォローいただけると嬉しいです!

以上、お読みいただきありがとうございました。<m(__)m>

まる。

Python歴3年のフルスタックエンジニア&ヨギー。
大学は心理学、趣味はヘルスケア全般。

最近は自作脳波デバイスのチューニングに勤しみ中。
お仕事の依頼はDMもしくはメールにて。

↓アートとかの趣味アカ。よかったらみてね。٩(๑❛ᴗ❛๑)
Insta:@malmal0v0

まる。をフォローする
タイトルとURLをコピーしました