【画像付き】Crowdworksの登録方法!受注率を上げるコツや仕事の流れも紹介

【画像付き】Crowdworksの登録方法! 受注率を上げるコツや仕事の流れも紹介!

副業解禁の流れやコロナ禍による雇用の流動化などにより、社会全体で副業に対する興味・ニーズが高まっています。会社勤めが安泰とは言えなくなってきており、将来はフリーランスの人口が増えることも予想されます。

収入源を複数確保するために、クラウドソーシングサイトに登録しようと考えている人も多いでしょう。中でもCrowdworksは、本格的に副業を始めたい人におすすめのクラウドソーシングサイトです。

この記事では、Crowdworksの特徴、登録方法、受注率を上げるコツ、仕事獲得までの流れなどについて紹介します。画像付きでわかりやすく紹介しており、この記事を読めばCrowdworksの基礎がすべて理解できるようになっています。ぜひ最後までご覧ください!

Crowdworksの特徴

案件 比較検討している

以下の表は、5つのクラウドソーシングサイトを比較したものです。

Crowdworksは、ユーザー数が業界内最大で、仕事の種類も豊富にあります。手数料は少々高い印象を受けますが、サポートが充実しているため、安心して取引ができます。公式アプリも使いやすく、初心者でも簡単に仕事探しが可能です。

Crowdworks
(クラウドワークス)
coconala
(ココナラ)
Lancers
(ランサーズ)
Bizseek
(ビズシーク)
プロの副業
ユーザー数443万人262万人110万人以上6万人記載なし
仕事の種類200種類以上200種類以上350種類以上50種類以上12種類
手数料5%〜20%22%5%〜20%5%〜10%0円
案件数非公開
クーポン
アプリの使いやすさ
初心者向き
サポートの充実

案件数が豊富で希望の仕事を見つけやすい

Crowdworksでは、累計案件数が約37万件、募集中の案件も約9,000件と、案件が豊富にあるのが特徴です。この案件数は、数あるクラウドソーシングサイトの中でも群を抜いています。

特にライティング、カンタン作業の案件数が突出しています。この2つは最初に副業を始めるとき、もっとも参入しやすいカテゴリでもあります。

仕事カテゴリ累計件数(2022/4/1現在)募集中件数(2022/4/1現在)
すべて369,513件8,951件
システム開発9,130件305件
アプリ・スマホ開発1,575件49件
HP作成・Webデザイン12,629件275件
ECサイト・ネットショップ構築17,060件472件
デザイン26,332件589件
動画・映像・アニメーション20,776件730件
音楽・音響・ナレーション5,172件140件
ビジネス・マーケティング・企画15,228件505件
ライティング・記事作成104,347件2,627件
事務・カンタン作業141,925件2,789件
写真・画像6,530件181件
3D-CG製作717件15件
ネーミング・アイデア2,305件45件
翻訳・通訳サービス6,556件181件
製品設計・開発177件3件
相談アドバイス・暮らし・社会624件40件
プロジェクト・保守運用メンバー募集145件17件

案件は日々追加されているため、「仕事がない」という事態に陥ることは少ないでしょう。

初心者からベテランまで活躍できる

仕事の種類が多彩なため、初心者からベテランまで、さまざまなニーズに合った仕事が見つかります。

案件数が多いライティング、カンタン作業は、比較的仕事を獲得しやすいため、初心者でも気軽に挑戦できます。Crowdworksで副業を始めたいけれど、スキルがないと悩んでいる人におすすめのカテゴリです。

システム開発やデザインなど、自分の特技・スキルを活かせる仕事も豊富にあります。実績を積めば単価も上がりやすくなるため、高収入も狙えるでしょう。

画像でわかるCrowdworksの登録方法

ユーザー情報 新規登録画面

Crowdworksの登録方法を画像付きで紹介します。

登録自体は1分程度で終わりますので、さっそく登録してみましょう!

まずは公式HPにアクセス

まずは、Crowdworksの公式ホームページにアクセスしましょう。

アクセスしたら、「会員登録して仕事を始める」をクリックします。

Crowdworks ホームページ 会員登録

メールアドレスを登録し、認証を行う

メールアドレスの登録画面に進みますので、メールアドレスを入力して「会員登録する」をクリックします。

Crowdworks メールアドレス登録

メールアドレスを登録すると、仮登録の状態になります。

Crowdworks 新規会員 仮登録

登録したメールアドレスにCrowdworksからメールが届いているはずです。本登録のために、記載のURLから登録を進めましょう。

Crowdworks メール認証 本登録

ユーザー名や利用方法を入力

ユーザー登録の画面が開きますので、必要事項を記入していきます。

副業をする場合は仕事を受ける側になるため、主な利用方法では「仕事を受注する」を選択してください。

Crowdworks ユーザー情報登録

氏名や住所などの個人情報を入力

氏名や住所などの個人情報も入力し、利用規約へも同意します。

「私はロボットではありません」にもチェックをして、入力内容確認画面に進みます。

Crowdworks 氏名 住所 登録

入力内容を確認し、送信

ユーザー情報や個人情報などを確認する画面が表示されるため、入力内容に間違いがないか確認しましょう。

問題なければ、「会員登録を実行する」をクリックします。

Crowdworks 確認画面 会員登録実行

これでCrowdworksの会員登録は完了です。

必見!未経験者がCrowdworksで受注率を上げるためのコツ

受注率が上がって喜んでいる

Crowdworksはユーザー数が多いため、他のワーカーと差別化するためにも、プロフィールや自己PRなどの基本情報を入力することが重要です。基本情報がしっかりしていると、未経験者でも受注率を上げることができます。

書き方は、クライアントから「この人は信用できそう」と思われるような内容にすることが大切です。それでは、それぞれの項目の入力内容について、画像付きで詳しく紹介します。

表示名・プロフィール画像を設定する

まずは、プロフィール編集画面の「基本情報編集」から、表示名とプロフィール画像を設定します。

Crowdworks 基本情報編集

下記の画面から表示名とプロフィール画像を設定しましょう。表示名は未入力の場合、会員登録時に登録したユーザー名がプロフィール上に表示されます。

Crowdworks 表示名 プロフィール画像

表示名とプロフィール画像がない人は、クライアントからの印象が良くありません。「すぐに連絡を取れなくなりそう…」「仕事への本気度が感じられない」などのマイナスイメージがつきやすく、チャンスを逃す可能性が高くなります。

それにもかかわらず、表示名とプロフィール画像がない人も意外と多いです。設定するだけでも他のワーカーと差をつけられるため、きちんと設定しましょう。

表示名は本名か実際にいそうな名前にする

表示名は本名か実際にいそうな名前の方が、信用を得やすい傾向にあります。

例えば、「山田太郎」と「a12345z」だったら、前者の方が印象が良いと感じませんか?意味のない文字列の名前は相手も覚えにくいですし、名前を打ち込むのも面倒です。

一番信頼性が高い表示名は本名ですが、本名を出したくない場合はペンネームでも問題ありません。表示名はこれから活動していくときに使う名前ですから、適当につけず、きちんと考えて決めましょう。

プロフィール画像は人物写真が望ましい

プロフィール画像でもっとも印象が良いのは、自分の顔写真です。正面から撮った写真が好ましいですが、横顔や後ろ姿でもOKです。

写真に抵抗がある場合は、似顔絵イラストを設定しましょう。写真より信頼性は劣るものの、印象は良いです。自分で絵が描けなくても、ココナラなどで気軽にイラストアイコンを作ってもらえますので、依頼してみましょう。

プロフィール画像は、自分の人となりや雰囲気を伝える手段でもあります。そのため、自分と関係のない画像やイラストのアイコンはなるべく避けましょう。

本人確認を行う

プロフィール編集画面の「本人確認書類提出」から、本人確認を行いましょう。

Crowdworks 本人確認書類提出

下の方にスクロールすると、「本人確認をはじめる」のボタンがあるのでクリックします。

Crowdworks 本人確認

次の画面で氏名や住所など、本人確認に必要な情報の入力が求められます。運転免許証などの画像もアップロードし、本人確認を完了させましょう。

Crowdworks側で本人確認ができたら、プロフィール公開画面に「本人確認済み」のチェックマークが付きます。

稼働可能時間や自己PRを埋める

プロフィール編集画面の「ワーカー情報編集」から、仕事にかかわる必須情報を入力しましょう。

Crowdworks ワーカー情報編集

ステータスや時価単価など、「必須」となっている項目を入力します。

Crowdworks 自己PR

ここで重要なのは自己PRです。アピールできるポイントをたくさん書きましょう。自己PRに入れるべき項目は、以下の7つです。

  • 簡単な自己紹介
  • これまでの経歴
  • 実績
  • 得意なこと
  • 趣味
  • 稼働時間
  • 連絡手段

上記の7つの要素を入れて自己PRを書くと、以下のようになります。ここでは、Crowdworksで参入者が多いライターの例で紹介します。

プロフィールをご覧いただきありがとうございます。
ライターとして活動している〇〇と申します。

【これまでの経歴】
・xxxx年
 四年制大学卒業
・xxxx年~xxxx年
 プログラマーとして、システム開発に10年携わる

【実績】
・プログラミング言語に関する記事(3,000文字)
・IT系の資格に関する記事(5,000文字)

【得意ジャンル】
・IT系
・ビジネスマナー
※上記以外のジャンルも対応可能です。

【趣味】
・読書

【稼働時間】
週20~30時間程度
平日:2~3時間
土日:3~5時間

【連絡手段】
・チャットワーク
・Slack
連絡は当日中に返信いたします。

納期を守ることはもちろん、丁寧なコミュニケーションを心がけております。
興味を持っていただけたら、お気軽にご連絡ください。
よろしくお願いいたします。

最初のうちは実績がないかもしれませんが、仕事を受注するようになったらどんどん追記していきましょう。公開できるブログや作品がある場合は、その成果物を実績として掲載してもOKです。

上記の7項目以外にも、WordやExcelなどの使用可能ツールや、注意事項などを入れても良いでしょう。書けることはどんどん自己PRに盛り込んで、充実した内容にしてみてください。

ポートフォリオ・経歴を登録する

プロフィール編集画面の「ポートフォリオ・経歴登録」から、今まで作成したものや経験してきたことについて記載しましょう。

Crowdworks ポートフォリオ 経歴登録

概要と期間を入力します。ポートフォリオ・経歴を登録しておくと、実力が示せるため信用度が増します。

Crowdworks ポートフォリオ 経歴

提示できる作品が複数ある場合は、ポートフォリオサイトを作っておくと便利です。WordPress・note・ペライチなどでサイト作成ができます。ポートフォリオサイトを見て「仕事を依頼したい!」と思うクライアントもいますので、ぜひ作りましょう。

参考URLにサイトのURLを貼り付けておけば、Crowdworksからポートフォリオサイトへ誘導できます。

NDA(秘密保持契約)を締結する

プロフィール編集画面の「NDA(秘密保持契約)」から、情報を第三者に漏らさないことを約束するために、NDAを締結しておきましょう。

なお、NDAを締結するには、先に本人確認が必要です。

Crowdworks NDA 秘密保持契約

この画面から締結されるNDAは、対Crowdworksです。NDAが締結されると、プロフィール公開画面に「NDA締結済み」のチェックマークが付きます。

各クライアントとも個別にNDAを締結したい場合は、契約画面の「秘密保持契約を締結する」から作業できます。

Crowdworks 秘密保持契約 締結

住所と氏名を入力し、次の画面へ進みます。個別に規約を設けたい場合は、特記事項に内容を記入しましょう。

Crowdworks NDA 住所 氏名

NDAを締結しておくと、クライアントとのトラブルが発生したときに役に立ちます。

【Crowdworksならではのポイント】

Crowdworksとよく比較されるLancersにもNDA締結機能がありますが、氏名・住所の記載項目がなく、効力が弱いです。CrowdworksのNDAでは、相手の氏名・住所が記載されているので効力が強く、何かあったときにも対応することができます。

意外とカンタン!仕事を受けるまでの流れ

仕事受注について相談している

基本事項が入力できたら、さっそく仕事探しを始めましょう。

ここでは、仕事の探し方から仕事開始まで、順序立てて画像付きで紹介します。

まずは仕事探しから

マイページの上部にある「仕事を探す」をクリックします。

Crowdworks 仕事を探す

仕事のカテゴリや依頼方式などの希望条件を入力しましょう。「未経験可」や希望報酬額などで条件を絞ることもできます。条件が入力できたら、「絞り込む」のボタンをクリックします。

Crowdworks 絞り込む 検索

絞り込んだ条件に当てはまる案件が表示されます。気になるものがあったら、クリックして内容を確認してみましょう。

検索条件を保存しておけば、仕事探しが簡単

次回仕事を探すときも同じ条件で検索したい場合は、検索条件を保存しておきましょう。

Crowdworks 検索条件 保存

「検索条件を保存する」をクリックすると、検索条件が書かれた小画面が出ます。わかりやすいように検索条件にタイトルを付けて、「保存する」を押せば検索条件が保存されます。

Crowdworks 検索条件 保存

検索条件は、最大3つまで登録可能です。次回以降、「保存した検索条件」から簡単に仕事探しができるようになります。

「気になる」ボタンで案件をストック

さまざまな案件を確認していくと、応募しようかどうか迷うものも出てくるでしょう。そんなときは、「気になる」ボタンを押せば、後からその案件を簡単に見つけることができます。

Crowdworks 気になる ボタン

「気になる」ボタンを押した案件は、「気になる!リスト」から確認可能です。

Crowdworks 気になる!リスト

案件だけ先に確認して、あとからまとめて案件に応募したいときにも便利です。

気になる仕事が見つかったらさっそく応募

気になる仕事が見つかったら、応募内容や応募条件をよく読んで「応募画面へ」ボタンをクリックしましょう。

Crowdworks 応募

支払い方式や契約金額など必須事項を入力します。契約金額は、応募文に「この金額を入力してください」と書かれている場合もあるため、よく確認しましょう。

Crowdworks 応募

メッセージ内容の項目も、クライアントが指定している場合があります。指定の項目についてきちんと書かないと、採用されない場合も多いので気を付けましょう。

最後に「応募する」ボタンをクリックすれば、応募完了です。

Crowdworks 応募 メッセージ

提案はメッセージテンプレートを使うとラク

応募する度に一からメッセージを書くのは大変なので、メッセージテンプレートを活用しましょう。

メッセージテンプレートは、プロフィール編集画面の「メッセージテンプレート一覧」から登録できます。

Crowdworks メッセージテンプレート一覧

「メッセージテンプレートを作成する」をクリックし、テンプレート名と内容を入力します。テンプレート作成後も、随時修正が可能です。

Crowdworks メッセージテンプレート 提案文

複数登録できますので、いくつかのパターンごとにテンプレートを作っておくと、応募するときにラクになります。

返信があるとメールで通知が来る

応募後、クライアントから仕事の詳細内容等が返信されると、登録しているメールアドレスに通知が届きます。

返信内容を確認してみましょう。

【Crowdworksならではのポイント】

Crowdworksの場合、通知のメールに返信内容が書かれています。そのため、サイトやアプリでわざわざログインする必要がありません。一方Lancersは、メールに内容が書かれていないため、必ずログインしないと返信内容が確認できないデメリットがあります。

契約内容を確認し、合意する

クライアントが正式に仕事内容や報酬額について提示してくるため、内容を確認し、問題なければ合意してください。

その後、クライアントが契約ボタンを押せば契約が成立します。

仮払い完了後、お仕事開始!

契約後、クライアントが報酬の仮払いを行います。仮払いを確認したら、仕事を開始しましょう。

仮払い前に仕事をすると、のちにクライアントと連絡が取れなくなった場合に報酬が支払われないため注意が必要です。

仮払いが済んでいれば、クライアントと連絡が取れなくなってもCrowdworks側が支払い対応をしてくれます。

Crowdworksで実際に収入を得た人の例

収入・売上の計算をしている

実際にCrowdworksで収入を得た人の例を、Twitterの口コミを引用して紹介します。

ライティング

ライターとしてCrowdworksに登録後、初月で約6万円稼いだ人の例です。

稼げるかどうか不安な人も多いと思いますが、目標を定めて「絶対やるぞ!」という気持ちがあると、意外と稼げてしまうのかもしれません。

事務・カンタン作業

事務・カンタン作業の案件は、タスク形式が多いです。ひとつ一つの報酬額は少ないですが、こまめにこなせばまとまった報酬を得ることもできます。

スキマ時間を有効活用したい人には、タスク案件がおすすめです。

システム開発

報酬額は書いていませんが、契約ランキング総合部門で14位エンジニア部門で10位になった人の例です。

プログラミングは他のスキルに比べて参入しづらいですが、参入者が少ない分稼ぎやすいジャンルのようです。プログラミング以外でも、ライバルが少ないジャンルは狙い目かもしれませんね。

HP製作

WorePressでHP製作をして、Crowdworks登録後3カ月で約6万円稼いだ人の例です。

HP製作は単価が高い案件が多いため、スキルを磨けば高収入も目指せるでしょう。

Crowdworksを利用する際の注意点

仕事で失敗した女性

Crowdworksの利用には、注意するべき点もあります。

ここでは、特に初心者が陥りがちな注意点を紹介します。

口座振込には手数料がかかる

報酬の受け取りには、銀行の口座登録が必要です。

口座登録は、プロフィール編集画面の「振込先口座登録」から登録できます。必要事項を入力して銀行口座を登録しましょう。

Crowdworks 振込先口座登録

どの銀行でも問題ありませんが、楽天銀行なら100円、楽天銀行以外なら500円の振込手数料がかかります。報酬が少ないうちは、この振込手数料が結構痛いので、注意が必要です。

出金方式は変更しておくべき

Crowdworksの出金方式は「随時出金方式」「50,000円以上出金方式」「キャリーオーバー方式」の3つがあります。デフォルトでは随時出金方式が設定されています。

随時出金方式だと、報酬が1,000円を超えていれば口座振込されるため、その度に振込手数料がかかります。最初は報酬額が少ないことが多いため、振込手数料で損をしないためにも、50,000円以上出金方式かキャリーオーバー方式に変更しておいた方が良いです。

出金方式の変更をするには、まずマイページの「報酬」をクリックします。

Crowdworks 報酬

下の方にスクロールすると「出金方式を変更する」の欄があるので、変更して更新してください。

Crowdworks 出金方式 変更

設定はいつでも変更できますので、まとまった金額を稼げるようになってきたら随時出金方式に変更することも可能です。

悪質なクライアントに注意

Crowdworksのクライアントの中には、少なからず悪質なクライアントも存在します。トラブルに巻き込まれないためにも、以下のようなクライアントには注意してください。

  • 評価が低い
  • プロジェクト完了率が低い
  • 単価が低すぎる、または高すぎる
  • 仮払いをせずに納品を求める
  • LINEでの連絡先交換や、他サイトでの契約を求めてくる

案件に応募する際には、クライアントの評価を事前に確認しておきましょう。トラブルが多いクライアントは、他のワーカーから低い評価が付けられています。一見案件の条件が良さそうに見えても、クライアントの評価が低い場合は応募しないように気を付けてください。

さっそくCrowdworksに登録して収入源を増やそう!

現代においては、会社勤めをしているからといって将来安泰とは言えなくなってきています。副業を始める人が増加する中で、周囲に置いて行かれないためにも収入源は増やしておくべきでしょう。

数あるクラウドソーシングサイトの中でも、Crowdworksは初心者が参入しやすく、使いやすいサイトです。登録方法も簡単で、案件も豊富に見つかりますので、本格的に副業を始めようとしている方は、ぜひCrowdworksをチェックしてみてください。

まる。

Python歴3年のフルスタックエンジニア&ヨギー。
大学は心理学、趣味はヘルスケア全般。

最近は自作脳波デバイスのチューニングに勤しみ中。
お仕事の依頼はDMもしくはメールにて。

↓アートとかの趣味アカ。よかったらみてね。٩(๑❛ᴗ❛๑)
Insta:@malmal0v0

まる。をフォローする
タイトルとURLをコピーしました