【Touchdesigner】を始めよう!
インストール方法を詳しく解説【Win/Mac対応】

公式サイトよりexeダウンロード

derivative.caの公式ホームページ

こちらより、まずは公式サイトのダウンロードページを移動しましょう。

Touchdesigner x64のダウンロードページ

こちらからWindows,MacそれぞれのインストーラをDLできます。

システム最低要件

それぞれのシステム最低要件は以下の通り。

システムに求められる最低限のマシンスペック

大体5GBほどディスク容量を使います。

ライセンスは大きく分けて4種類

4つのライセンス:NON-COMMERCIAL,EDUCATIONAL,COMMERCIAL,PRO

料金は、「1年の無料アップデート付きのバージョン買い切り」型です。

商用利用(作品展示)する場合は、Commercial 以上のライセンスが必要となります。
日本円で7万円ぐらいですね。

想定読者は、アートガリガリ作れる人でなく「興味あって触ってみたい人」なので、
今回はNON-COMMERCIALで大丈夫です。

(個人的には、NON-COMMERCIALで慣れて作品作れそうならCOMMERCIAL買う、という感じであまりEDUCATIONALを買うメリットはないです大学とかで買ってあったら別ですが。

インストーラは4つとも同じ(NON-COMMERCIALを入れてから購入してアンロックするタイプ)なので、さくっと入れちゃいましょう。

(おまけ)EXPERIMENTALとOFFICIAL

EXPERIMENTALとOFFICIALページ

そのままページ下部に行くと、EXPERIMENTALとOFFICIALの表記があります。
こちらは、それぞれ

・β版
・過去バージョン版

がインストールできます。

エクスペリメンタルはテスト中の新機能などをいち早く試せますが、バグやトラブルが起こりやすく成る為、玄人向けです。

過去バージョンは過去にビルドしたプロジェクトを移植したい時などに便利です。

TouchDesigner.exeを管理者権限で実行

TouchDesigner.2021.15800.exe(数字は年、バージョンで変わります)を管理者権限で実行していきまう。

Touchdesignerのインストール
カスタムオプションと契約の同意

カスタムオプション

Runtime for Dongle Licensing にチェックを入れておくことで、WINDOWS CODEMETERというバンドルソフトをインストールできます。(MacならMACOS CODEMETER)

これはLicense Dongleを行う為のツールで、わかりやすく言うとライセンスを持ち運びしやすくすることで、異なるPC間でも継続して同じプロジェクトの作業を進められるようになる、ということです。

自宅で趣味で使う分には必要ないかもしれませんが、今後のことを考えて一緒にインストールしておいてよいかなと思います。

Custom install and Touchplayer options にチェックを入れることで、次のような画面が現れます。
が、初めての方は不要です。チェックを外しておきましょう。

Give this installation a custom tag to identify it. This name will be used on the desktop icon and as an additional identifier on all OS references like 'Open With...' menus and 'Add or remove program' dialogs.
Display or hide the desktop icon
Customize file associations with TouchDesigner
TouchPlayer options
Include TouchPlayer desktop icon
Include TouchPlayer in the Open With... menu
Make TouchPlayer the default aaplication for .toe files (ToughDesigner files)

一応解説しておくと、

  • TouchDesigner options:
    • Specify a custom tag to identify this build:
      このインストールを識別するためのカスタムタグを指定します。この名前は、デスクトップアイコンや、’プログラムから開く’ダイアログなどすべてのOSリファレンスで追加識別子として使用されるようになります。
    • Include Desktop Icon
      デスクトップアイコンの表示/非表示
    • Customize File Associations
      TouchDesignerでファイルの関連付けをカスタマイズする
  • TouchPlayer options
    • Include Desktop Icon
      TouchPlayerのデスクトップアイコンを含める
    • Include in Open With…
      [プログラムから開く…]メニューに TouchPlayer を含める
    • Make default for .toe files
      TouchPlayerを.toeファイル(ToughDesignerファイル)のデフォルトアプリーションにする

になります。

インストール開始

「Next」を押してインストールを始めます。

インストール中の画面。このまましばらく待ちます。

少し待つと完了です。では早速、「Finish」を押してタッチデザイナーを起動してみましょう!

インストールが完了しましたの画面

いよいよ起動

Touchdesigner 099
起動中の画面。だんだんクセになります。Non-commercialは赤色。

はい、これで無事立ち上がりました!
Touchdesignerでは、アカウントに紐づけてライセンス認証を行っています。

まだアカウントを持っていないと思うので、赤枠のNot registered yet ?より
会員登録を済ませましょう!(勿論無料です)

Touchdesigner初期起動画面

アカウント設定を終え、ログインを済ませると用意されているチュートリアル画面が表示されます。

ようこそ、TouchDesignerの世界へ!

ようこそ、TouchDesignerの世界へ!

これで作品を作れる環境が整いました。簡単でしたね。

早速、ここから作品を作っていきましょう!

まる。

Python歴3年のフルスタックエンジニア&ヨギー。
大学は心理学、趣味はヘルスケア全般。

エンジニア育成コミニュティの運営と、オリジナル名刺・Web制作やハタヨガレッスンやってます。

お仕事の依頼はDMもしくはメールにて。

↓アートとかの趣味アカ。よかったらみて下さい!٩(๑❛ᴗ❛๑)
Insta:@malmal0v0

まる。をフォローする
タイトルとURLをコピーしました