【格安SIM】povo2.0にてテザリングができない時の解決法(Android)

公式】povo2.0|基本料ゼロから始めるau回線のスマホプラン
引用:https://povo.jp

テザリングができない

2台目のスマートフォンをpovo2.0で使用していたのですが、24時間データ使い放題トッピングでも無料、しかも追加申込不要でテザリングが使い放題であることを知りました。

つまり、手持ちのスマートフォンを330円で最大48時間、瞬時にポケットWiFi化できるという事ですね。これはすごい。

…ということで使おうとしたら、「インターネット接続不可」の表示が。

その時の解決法をこちらにまとめておきます。

設定を開く

Samsung Galaxyの場合

設定>接続>モバイルネットワーク>APN

Google Pixelの場合

設定>ネットワークとインターネット>SIM>アクセスポイント名

Xperiaの場合

設定>ネットワークとインターネット>モバイルネットワーク>詳細設定>アクセスポイント名

APNタイプに設定を追記

APNタイプに「,default,」「,dun」の二つを追記します。
既にあるAPNタイプは削除せずその後に追記をするようにしましょう。その為の「,」になります。

※defaultが既に入力されている場合、新たに入力する必要はありません。

「携帯通信会社により、タイプdunのAPNの追加は許可されていません。」と出る場合

この場合は、dunの追記は不要です。代わりにdefaultがない場合は、defaultのみ追加しておきます。

機内モードをOFF/ONする

それでもよくならない場合、機内モードをオフオンします。

端末を再起動する

それでも良くならない場合、端末を再起動します。

機内モードのオフオン時にモバイルデータ通信の再起動は行われているので、こちらはその他に更新されていないキャッシュ(以前の設定が保持されているもの)をリリースする為のおまじないになります。

それでもできない場合

MVNOの種類を「GID」、MVNOの値を「26」に

APN設定を以下の様にします。

名前:povo2.0
APN:povo.jp
APNタイプ:default
APNプロトコル:IPv4/IPv6
MVNOの種類:GID
MVNO値:26

※APNタイプから,dunは削除してください

BALMUDA Phone X01Aや、Xiaomi Redimi 9などではこの設定で使えるようになったみたいです。しかし、私のGoogle Pixel 3aではやっても変わらずでした。

動作確認機種であるか確認する

Povoの公式声明によると、

※一部機種においては、設定可否にかかわらずテザリングがご利用いただけません。詳細はこちらの注釈部分をご確認ください。

povo2.0

とのことです。

このページより、povo対応端末であるか確認しましょう。

Pixelの場合、4以降で動作確認が行われており、私の3aは公式では動作保証外(未確認)機種となっていました。なので、モバイルデータ通信は出来たもののテザリングは出来なかったものと思われます。
※もし通信できてる方がいたら教えて頂きたいです<m(__)m>

まとめ

いかがでしたでしょうか。

うまくいかなった、うまくいかなったが他のやり方だとうまくいった、などありましたら随時コメントいただけますと幸いです。

まる。

Python歴5年のフルスタックエンジニア&ヨギー。
大学は心理学、趣味はヘルスケア全般。

最近は自作脳波デバイスとそれを使ったインタラクティブアートのチューニングに勤しみ中。
お仕事の依頼はDMもしくはメールにて。

↓アートとかの趣味アカ。よかったらみてね。٩(๑❛ᴗ❛๑)
Insta:@malmal0v0

まる。をフォローする
その他の記事はこちら
【4K60fpsキャプチャソフト】EaseUS RecExperts Pro版の機能を使ってレビューしてみた。(Windows/Mac対応)
【C++/Arduino】文字列をシンプルに結合する方法
【C++】追加の変数宣言・格納なしに効率良く文字列を追加させる方法
【C/C++】could not convert ‘xxx’ from ‘std::__cxx11::string’ {aka ‘std::__cxx11::basic_string‘} to ‘String’と出る時の解決法
【格安SIM】povo2.0にてテザリングができない時の解決法(Android)

タイトルとURLをコピーしました