【Raspberry pi】容量の小さいmicroSDに使用領域のみコピーする方法(Windows)

AOMEI Partition Assistantのインストール

AOMEI Partition Assistant というツールを使います。

Standard版は無料で、Pro版は有料で利用できます。

上のリンクより、公式サイトへ飛べます。

パーティションの複製

インストールが完了したらまず、移したいパーティション(ここでは、コピー元で使用されているFAT32システムのパーティション)を選択します。

次にウィザード>全てのツール>パーティションクローンを選び、

パーティションの高速クローンを選択します。

次に、割り当てたいディスクのパーティションを選択します。

この時、未割り当て領域にしかコピーは出来ませんのでご注意ください

これならOK

クイックフォーマットだと、プライマリ領域としてパーティションが分割されてしまっていることがあります。その場合は、「パーティションを削除」を行い、ドライブ文字が「*」のみの状態にしましょう。

「次へ」を押すと、元のパーティションサイズの状態で新しいドライブにパーティションが割り当てられます。必要に応じて、ここで可変的に割り当てサイズを変更します。が、今回はこのままでOKです。

「完了」を押した後、ポップアップウィンドウが閉じられるので
画面左上にある、「適用」をクリックします。

パーティション操作はmsると非常に危ないので、実行前にワンステップ置いてくれるのは安心ですね。

続行>Yesを押すとプロセスが開始されます。

以下のダイアログがでたら成功です。

正常に複製されたか確認

空き容量のみサイズが違うまま、
同じパーティションが、無事コピーされていることを確認します。

これで容量の大きなmicroSDから、容量の小さいmicroSDへ使用領域のみ、移動させることが出来ました。コピー先のmicroSDをラズベリーパイに挿すと、正常に起動することが確認できます。
なお、このやり方だと同じデバイス構成でやらないとrandom crng init doneのboot途中で止まってしまいますのでご注意ください。

別のラズパイ、microSDでなくSSDでRaspbian起動したい、という方は以下の記事が分かりやすいのでご覧ください。(外部リンク)

Raspberry Piの起動 webzoit.net
『Raspberry Piの起動』Raspberry Piとは、イギリスのラズベリーパイ財団が開発したシングルボードコンピュータ
ラズパイ4でCentOSをSSDブートすると途中で止まって起動できない時の対処法 - Qiita
はじめに cmdline.txtの中身のroot=/dev/mmcblk0p3を/dev/sda3に書き換えてください。この記事の内容はこの説明で全てです。 この説明でわかる方はこれで解決できると思います。以下は詳細です。 ...

Windowsでこういった作業が出来るのは何かと便利ですね。

今回の記事は以上になります。
お読みいただきありがとうございました!

まる。

Python歴3年のフルスタックエンジニア兼ブロガー兼ヨギー。大学は心理学、趣味はヨガ。
名刺・HP制作やハタヨガレッスンやってます。

まる。をフォローする

Raspberry Piの人気記事一覧

【Raspberry pi】USBメモリをマウント(認識)させる方法
Raspberry Piで自動ログイン(auto-login)を設定する
ラズパイで起動時にBluetooth接続したデバイスを自動でConnectedにする(ServicesResolved: no Connected: noとなり都度途切れてしまう場合の解決法)
【ラズパイ】「Failed to connect to github.com port 443: ホストへの経路がありません」と出る場合の対処法
【SSH接続でのパスワード廃止でセキュリティ性向上】ラズパイへのリモートアクセス時のログインをパスワード認証方式から公開鍵認証方式に変更する【TeraTerm】
タイトルとURLをコピーしました